プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


目標を持つことの難しさ


この記事には同意する
部分が多いです。

Yomo.DR記事

西村元一さんは今年5月に
お亡くなりになっています。
ご冥福をお祈りします。
揺れる心 人との交流が支え

自分の考え方と同じ部分は

・がん治療後ここまで生きら
れたことは結果として治療法
の選択やその後の過ごし方は
大正解かはわからないが、
少なくとも間違ってはいなかった
ようである。

・QOLが下がるとやれること、
やりたいことが確実に限られる。

・気分的な落ち込みは多く経験
した。
寝れない、寝つけない夜が多く
なる。

・今後何を目標とするかに悩む。
短期的な目標は良いが
長期的な目標に関しては
そもそも長く生きていない
とできない。
まずは生きることが
大前提になってしまう。

多くのがん患者が同じよう
な事に悩んでいるのだと
知れば自分だけが特別では
ないと思える。
そうすれば心は少しだけ
軽くなる。





スポンサーサイト

 | ホーム |