プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


「臨床検査」 検体検査の外部委託


血液検査や心電図を単に
検査と書いていたが正式には
「臨床検査」
検査の中には外部に出すので
日数がかかりますと言われる
物もある。

・臨床検査の目的
検査の最大の目的は、医師の
診断を確実にしていくことですが
病気を見つける(診断)ほかに、
治療の方針を決める場合にも
大きな手助けとなります。
その他に、治療の経過をみたり、
病気が重いか、軽いかを判定
したりするためにも利用される。

臨床検査は、患者から採取
した血液や尿、便、細胞など
を調べる
「検体検査」
心電図や脳波など患者を直接
調べる
「生理機能検査」
の2つに大きく分けられる。

検体検査は、患者から検体を
採取るところまでは医療行為と
みなされるので医療機関でしか
行なえませんが、採取後の検体
については適切な保存条件
(温度や時間)が守られれば
医療機関外での検査が可能。
そうしたことから多くの医療機関
では、検体検査の一部または
すべてを外部検査施設に委託
しているのが現状。
外部委託されている検体検査の
ほとんどを民間の衛生検査所で
行なっています。

検体採取は医療行為。
検査の中には院内ではできない
物もあるので例えば染色体検査
等には日数がかかるのだと理解。

スポンサーサイト

 | ホーム |