プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


がん患者の男女差 不謹慎ですが思わず笑う


がん哲学の樋野興夫先生
の記事は結構読んでいます。

少し昔の記事ですがこの中
の記載にニヤリとする。

男女で違う「がん」との向き合い方とがん患者コミュニティ運営で大切なこと

女性の方が前向き、かつ積極的
に活動。
がん患者のコミュニティの参加率
は女性が高い。
それは女性はコミュニティに対する
心理的なハードルが低く、良好な
人間関係や仲間を見つけること
が上手だからだと思います。
対して男性は仕事があるので
時間が取れない、あるいは競争
社会に身を置いていたり社会的
使命や役割に縛られるゆえ、
病を打ち明けたがらない傾向が
あります。

悩みを抱えていることに変わり
はありません。
病気に関する悩みは全体の
3分の1程度で、それ以外の
ほとんどは職場や家庭での
人間関係について。
夫であれば
「妻に気遣われながら過ごす
沈黙の時間が辛い」
「病気をきっかけに閑職に
追いやられた」
妻であれば
「がんになった途端、夫が
優しくなった。『いまさら』
という気持ちになる」

私は男でも病気を早いうち
からオープンにしていた。
変なプライドはなかったし、
逆に同情されたいという気も
無かったわけではない。
弱い男という訳です。

気持ち面では夫であるので
夫の気分は理解できるし、
同じような感じも持った。
妻の言葉は妻ががんに
なったならば多分こういう
態度になるだろうと思う。
そうなれば実際は深刻な
状況だがこの言葉には
不謹慎にも笑ってしまった。
常に妻はがん患者だと思って
接すればと良いという事で
あるのだが・・。
新婚当時の気持ちを持ち続
ける難しさと同様に自分には
常にできる自信はない。

いいじゃないか人間だもの
とこういう時は相田みつおになる。
スポンサーサイト

 | ホーム |