プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


誤嚥性肺炎を誤解していた 口腔ケアも関係する


肺炎には数多くかかっている
が誤嚥性肺炎と言われたな
ことは無い。
良く聞く病名であるが理解は
十分ではなかった。

通常、口から入った食べ物は
咽頭から食道を通って胃まで
届く。
しかし、飲みこむ力が弱くなっ
た高齢者では、食べ物が誤って
気管に入ってしまう「誤嚥」が
起こりやすくなる。
本来は食道に送られるべき
食べ物が気管に入り、その
細菌が肺に入り込んで炎症
を起こすのが誤嚥性肺炎。
これが一般的説明。

誤嚥性肺炎は、食べ物が気管
の中に入り込むことで口の中
の細菌が肺まで到達し、炎症
を起こすと考えている人が多
くいます。
しかし唾液やたんなどの微量
誤嚥が原因で、寝ている間
に肺に入り込むことで発症
することもある。
誤嚥性肺炎は食べ物だけ
ではなく、寝ている間に飲み
こむ唾液によっても起こる。

食べ物が関係ない場合も
あるのかと知る。

誤嚥性肺胃炎の原因
(1)食べ物や細菌を含む唾液
や分泌物の誤嚥
食事中や嘔吐時に誤嚥した
食べ物や唾液などに含まれて
いた細菌が気管や気管支に
入りこみ、肺が炎症を起こす。
また、高齢者の場合は、口の
中の残留物や唾液が少しずつ
誤嚥されていることがある。

(2)胃の内容物の逆流
胃の内容物と一緒に胃液が
食道を逆流することで発症。
胃の内容物に含まれている
酸や消化液が気道の粘膜
を損傷することが原因。

これらの原因に免疫力の低下
などが重なると、誤嚥性肺炎
を発症するリスクが高まる。

食べる時に注意するすれば
良いわけではないこと、
合わせて口腔ケアと自分の
免疫力が頼りになるだと知る。

高齢者に多い誤嚥性肺炎は
口腔ケアによってそのリスク
を減らせる。
具体的には、唾液の適切な
ケアや細菌の塊である歯垢
を除去することで、適切な
口腔ケアによる肺炎や感染性
心膜炎などのリスクを減らし、
全身を健康な状態に保つ。
口腔ケアを行うと、唾液の
分泌量が増え消化機能が
改善される。
おいしく食事が行えると、体
の状態もよくなり、咀嚼する
ことで脳の働きもよくなる。
唾液の分泌量が増えると
いうことは抗菌作用が向上
し、細菌が体の中に入るの
を防ぐことができる。



スポンサーサイト

 | ホーム |