プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
263位
アクセスランキングを見る>>


「遺言」の読み方

民法改正の話がで
自筆証書遺言は手書き
とかされていたものが
電子的に作成文書でも
良くなるとかの話がでて
いる。

「遺言」
「ゆいごん」と呼ぶことが
多いと思うし自分も少し前
までそう読んでいた。
「いごん」という読み方
もある。
民法とか専門家は
「いごん」と呼ぶらしい。

【遺言(ゆいごん)】
①死後のために生前に
言い残す言葉。
「親の遺言」
②自分の死後に法律上
の効力を発生させる目的
で遺贈、相続分の指定、
認知などにつき、一定
の方式に従ってする
単独の意思表示。
▼法律用語として習慣
として「いごん」と読む。

遺言(ゆいごん)」は自分
の生前に死後のことに
ついて残される人達に
対して言い残すことを
総じて称するもの。
生前に常に公言している
こと口頭であっても書面
でも「遺言(ゆいごん)」。

広い意味で同じと思える。
しかし、以下の解釈もある。
「遺言(いごん)」は
「法律上の効果を発生させ
る目的で」
というところが重要。
民法という法律には遺言に
ついての規定がある。
ルールに則った遺言書で
なければ法的な効果はない。
自分が死後のために何か
言い(書き)残したいと思い、
さらに法的な効果を持って
実現させたいと思う場合は
この民法のルールに則った
遺言書の作成が必要。

一般的に
「遺言(ゆいごん)」
があり、その中でも法律に
沿った内容の遺言を
「遺言(いごん)」
という言い方もありそう。

専門家に「いごん」に
ついて相談したいと言うと
少しはわかっているなと
思われるかもしれない。
スポンサーサイト

 | ホーム |