FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


中耳炎 発症から治癒まで症状 聞こえがなかなか元に戻らない


年明け早々に中耳炎に
なってから長い間治療
のため通院した。
外来回数6回にて完治
診断が出る。
この間ほぼ1ケ月。
通院生活中の症状や
体調をまとめます。

幼児もなる中耳炎、
言葉にできない年齢
でこのような事が起き
ているかもしれない。

始まりは発熱。
その夜に右耳奥が痛く
なる。
翌土曜日朝一で内科
クリニックに行く。
おそらく中耳炎と思わ
れるので週明けもこの
ままの状態ならば耳鼻科
へ行った方が良いと
言われる。
連休だったので結果
発熱3日後に耳鼻科へ。

診察では急性中耳炎で
なく既に滲出性中耳炎
になっていると診断される。

その頃はもう発熱は無く、
耳の痛みも無くなったが
その代わり右耳は難聴
になっている。

最初は右耳に水が一日
中入っている感じで波の
音が聞こえる様な状態。
右側から話しかけられて
も何か言っているのは
わかるが聞きとれない状態。
その状態が4,5日続いた。
その後水が入っている
状態から耳垢が詰まって
いるような感じに変わる。
難聴度はわからず。
この時の耳鼻科外来では
既に耳の中は乾燥してき
ていて8割位治っていると
診断される。

その後もなかなか耳の
聞こえが良くならない
状態が続く。

耳鼻科に行ってから
2週間後に血液内科
の定期診察。
血液検査で炎症反応
が高いだろうと思った
がCRPは0で炎症自体
は治っていると言われる。
結局罹患3週間後くらい
から少しづつ聞こえる
回復傾向になる。

耳の聞こえをどう判断して
いたかであるがラジオを
イヤホンで耳を変えて
聞くと聞こえ方にまだ差
がある、少し経つと前より
差がなくなったとかで
判断していた。

この方法の問題は100%
になったかがわからない。
目であれば左右の目で
視力の違いがある事は
過去の検査から数値的
にもわかるが、聴力の
場合はどちらの耳の方
が良く聞こえるかは普通
知らないと思う。
健康診断でも正常に聞こ
えるか否かは検査される
が左右の耳の聴力の
違いや数値は知らされた
記憶がない。

難聴が治った今でもラジオ
を聞くと中耳炎になった
右耳より左耳の方が少し
だけであるが良く聞こえる
ように思える。
病気前から差があったが
気が付いていないだけ
だったかもしれない。
これがまだ完全に治って
いないという自分の判断
となり、診察時の問診で
答えていたので最後の
一週間以上は余分に
時間を費やしたかもしれ
ないと今思うと反省する。

滲出性中耳炎の治療の
ゴールは、鼓膜の奥の
うみが完全になくなり、
聞こえが元に戻ること。
と言われる。
聞こえがなかなか元に
戻らないので時間が
かかったというのを体験。





スポンサーサイト

 | ホーム |