プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


インフルエンザA型罹患


世の中の最盛期でなく
時期が少しずれて罹患。

土曜日夜に胃腸の不良。
日曜日夜から少し発熱、
鼻水がでるようになる。
月曜日朝4時に39度超え。
速攻でカロナールを飲む。
38度に下がったが朝一
に近所のクリニックに。
インフルエンザの検査を
したら薄くであるがA型の
反応が出ているとの事で
イナビルが処方される。

先生曰く3月に入って少な
くなったがまだインフル患者
は来ている。
今年の特徴は何故か下痢
や嘔吐が伴うことが多いそう
である。

家に戻り直ぐにイナビル
を吸うとなんだか治った
気になる。
プラシーボ(偽薬)効果に
加え薬の効果があると
やたら効くように感じる。
一日過ぎて実際はまだ
少し胃腸が完全ではない
が熱は平熱である。

移植後熱が出ることは
多いが一番困るのは
原因が分からない場合
である。
風邪のような症状がで
あればインフルエンザ
であって欲しいと願う。
検査結果で治療法が
明確になる。
逆にインフル陰性だと
肺炎とか再発とか余計
な心配をして大きな病院
で検査を受けるという
経験が多いためである。
スポンサーサイト

 | ホーム |