FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
248位
アクセスランキングを見る>>


痩せる、BMI値標準とかで医療費、健康保険費が安くする考えはどうでしょう


Yomi.DR記事
抗がん剤 560億円節減可能…廃棄分を別の患者に、慶大教授報告

体重により投与量が決まる
薬においては低体重の人
には残薬が出る。
高額な抗がん剤においては
その金額がバカにならない。

・オプジーボにおける用量用
法化学療法未治療の根治
切除不能な悪性黒色腫患者
の場合通常、成人には
ニボルマブ(遺伝子組換え)
として、1回3mg/kg(体重)
を2週間間隔で点滴静注する。

・オプジーボの薬価
またまた薬価が下がるよう
ではあるが現在では
100mg1瓶は36万4925円
体重が1kg違うと3mg追加
なので約1万円+/Kg(体重)
になるということ。

液状の抗がん剤は「バイアル」
というガラスの瓶に入っており、
例えば30ミリグラム残っても、
細菌汚染の恐れがあるとして
メーカー側は使用しないよう
注意喚起している。
廃棄すると10万円以上が
無駄になる計算。

ただ、1瓶から同時に複数
の患者へ投与することは
認められている。
残薬を活用できるケースは
あるものの、今のところ
安全基準がなく、そのまま
廃棄されることが多い。
医療費は廃棄分も含め
1瓶単位で請求されるのが
一般的で、実際の使用量
に見合わない過大な
医療費の負担となっている。

医療費抑制、自己負担
両面からコストをかけても
高額な薬には小分けな
容器の活用が有効。

病気をして大きく体重が
減った人間としては、体重
が少なくてもあまりメリット
が無いと思っていたが、
航空運賃とかも体重別
運賃(当然体重+荷物)
とかできないだろうか。
些細ですが必要燃料に
関係するのでエコにも
少だけ貢献すると思う。

このように痩せることが
何らかのインセンティブ
につながるとモチベーション
になって生活習慣病が
減る事にもなるのでは
と感じている。
でも一方で過度なダイエット
や拒食症とかになると
体には良くないことも事実
であるので単に体重だけ
でなくBM値とかを指標に
して適切な体系だと
インセンティブがある方
が良いかもしれない。

結果健康寿命が伸びると
いう事になると思うが、
タバコの副流煙の問題
ですらなかなか進まない
ので期待するほうが無理か。
スポンサーサイト

 | ホーム |