プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


障害年金  障害状態確認届の審査結果が届く


2年前の春に
障害厚生年金3級の受給
資格を得た。
正確には
「障害の種類:3級12号」

昨年末の誕生月に
障害状態確認届の提出
(現在の診断書)を求める
依頼書が届いた。

主治医に診断書を依頼し、
受領後提出、
審査結果を待った。

先週末に日本年金機構
から審査結果が届く。

以下文面
「提出された診断書
(障害状態確認届)により
傷害の程度を審査した結果、
あなたの障害の状態は従前
の障害の障害の状態と
同程度と認められますので、
引き続き障害年金をお支払
いいたします。
(障害等級に変更はありません)

この記載がされたはがきのみ
が届く。
障害年金が初めて受給に
なった時は封書が送られて
来た。
中には年金証書や
決定通知書、手引書等
沢山入っていたのとは
大きな違いである。
確かに届け自体も最新の
診断書のみであるので
Inputも簡略化されている。

結果、今後一年間引き続き
支給されるということで安心
する。

実際の申請からの審査
結果到着までの期間は
昨年12月下旬に投函
今年3月上旬に結果が
届いた。
ので実質2ケ月半超である
がこの間正月休みを挟んで
いるので通常期であれば
マイナス1週間から10日程と
考えれば良さそうである。


スポンサーサイト

 | ホーム |