プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
595位
アクセスランキングを見る>>


戸塚洋二さんの本を読んで(1) 「死」への恐れと対処


ある記事でこの本のこと
を知り入手した。

戸塚さんの本

がんと闘った科学者の記録
(文春文庫)
作者: 戸塚洋二,立花隆
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2011/06/10

ニュートリノ関連でノーベル賞
確実を言われていた物理学者
の戸塚さんが大腸がんに始まり、
その後、肺や肝臓、骨に転移。
治療の経緯を中心に綴られて
います。
科学者の観察眼で自分のがん
について冷静に記録されている。

幾つかの心に残る言葉があります。
数回に分けて書きます。

死を恐れるとは
「自分が消滅した後でも世界は
何事もなく進んでいく」
「自分が存在したことは、時間と
ともに進む世界で何の痕跡を
残さず消えていく」
「自分が消滅した後の世界を
垣間見ることはできない」

これに対しては
「私にとって速い死でも健常者に
比べ10-20年に過ぎない。
皆と一緒だ。
恐れることはない。」
「万物には終わりがある。
いずれは消滅や死を迎える。
永遠に続く世界はない」
と考えれば恐れから逃れられる。
だから恐れることはない。

「一日一日を充実してお過ごし
ください」と言われるのが困る。
「今まで通りお過ごしください」
と言われたほうが楽。

今まで通りに普通に過ごすこと
ができるのが幸せであるという
事を病気は教えてくれる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1002-a20c181d

 | ホーム |