プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


戸塚洋二さんの本を読んで(2) 「悟り」の意味


「がんと闘った科学者の記録」
(文春文庫)を読んで(2)

戸塚さんの言葉ではないが
本の中で使われていた
正岡子規の言葉

「悟りといふ事は如何(いか)
なる場合にも平気で死ぬる事
かと思って居たのは間違ひで、
悟りといふ事は如何なる場合
にも平気で生きて居る事で
あった。」

これは知らなかったが自分には
インパクトがあった。

この文章は、子規の亡くなる
直前に書かれたと言われて
いる。
子規は、22歳のときに肺結核を
発病。12年間結核に苦しみ、
34歳で亡くなっています。

自分は「悟り」は死に臨んでも
ジタバタせず平然と死んで行く
ことと思っていた。
子規は「悟り」とは
「如何なる場合にも平気で生きて
いくこと」だと。
どんなに苦しくとも平気で生きて
いくこと。

死を目の前にしても、がんだと
いわれても、すごい不幸に
襲われても平然と生きていく。

自分はどうだろう。
最初の白血病時は相当ジタバタした。
2回目のがんの時は最初よりは
冷静ではあったけれどもジタバタした。
今年早々食道がんかもしれないと疑い
が出た時(結果悪性ではなかったが)
は少しだけジタバタした。
あと2回ぐらいがんだと言われると
ジタバタしなくなり、いつものように
生活でき、ここでいう「悟り」の域に
行けるのだろうか。
幸いにもここまで生き延びれたので
今後何が起こっても今まで通りに
平然かつ自然に生きて、暮らして
いきたいと思う。
でもそうなれる自信は今全くない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1003-cd03e2fb

 | ホーム |