プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


がん治療と仕事の両立 私が会社を辞めた理由


現代ビジネス記事
キレイごとでは済まされない!「がんサバイバー」を抱える会社の問題

がんになって治療と仕事の
両立をどうするのかについて。

この記事のようにがんになって
仕事を休み、その後復職する。
私も同じ経験をした。
がん後のQOLの個人差は大きく、
会社や上司の考え方や対応も
差が大きいと思う。

最初に書きますが、私の場合
は白血病と歯肉がんになりま
したが幸運な部分も多かった。
白血病発病時の年齢は52歳、
子供は既に働いていた、
病気前の仕事は開発職で
座り仕事であった。
会社の福利制度もそれなりに
手厚く、かつ退職時も早期
退職制度が使えた。
従ってあまり躊躇なく退職を
選べた。

まず復職前に考えた事は
自分自身が復帰後に
病気前に比べてどれだけ
パフォーマンスが出せるか、
合わせて自分にどれだけ
自信が持てるか。

私の場合は復職時移植して
2年以上経っていたが、体の
面で病気前には遠く及ばない
どころか、無理も出来ないと
わかっていた。
しかし会社に行くことで、時間
の経過と共に体調面も良くなり、
それなりの成果が出せるように
なると思って病気前と同じ職場
への復職を決めた。

会社の制度として当時は在宅
勤務や時短勤務が無かった
ので見かけ上はフルタイムでの
復職だったが、月単位清算の
フレックス制度であったので
体調が悪い場合や疲れを感じ
た日は午後3時に帰社。
その代わり朝の電車の混雑を
避ける為に早朝出社にした。
合わせて復帰直後は残業や
外出はなしということが産業医
から示されてのスタート。
体的には週3日くらいの出勤が
現実的だったが選択肢としては
なかったのである。
実際会社に長くいる事も辛いが
朝晩の通勤も結構苦労した。
座り仕事であるので朝晩の
通勤が一番体力を使うので
あるがやまり体力不足である。

復帰後も発熱等で体調が悪化
することも多く、仕事に対して
成果面だけでなく、納期が守れ
ない事も出た。

一方フルタイム勤務であると
給料面では成果面でしか差
がつかない。
実際アウトプットは病前の7割
以下しか出せていないと自覚
するが給料はそんなに下がら
ないのである。

復職して感じたことは、病気前
には病人の事を正しく理解でき
てはいなかったこと、
それ以上に病人の上司が対応
に苦慮することであった。

組織長やグループ長としては
組織としての成果を上げる為
にがん患者をどう扱うかは非常
に難しい問題と思う。
私も病気前には部下を持って
いた時もあるので良く理解できる。

職場には昔からの顔なじみ
も多く、会社も上司や同僚も
思いやりを持って接してくれ、
仕事面の調整や休み面でも
気を使ってくれた。

しかしあまり気を使ってもらう、
仕事面でも融通をきかせてもら
うのも健常者からは逆差別と
見られる可能性があると感じた。
組織をあずかる上司としては
組織の成果を上げる事がまず
第一でなので費用対効果は常
に考えるべきことであるので
困った部下であると思うのは
当然である。

最初このような事を考えていて
体が戻れば少しは貢献できる
ようになると考えていた。
しかし復帰後1年を経ても体調
は上がって来ないどころか
2つ目のがんでの入院、手術と
なったのである。
この入院中に退職すると決めた
のである。
働いていたから2つ目のがんに
なったとは思わなかったが、体に
鞭打つよりも体にはここまで
ご苦労さんと感謝すべきと考えて
家で静養する方を選んだのである。
当然退職後の経済面は考えが
後押ししたのが早期退職制度、
そして障害年金が受け取れる
可能性があると知ったからである。

記事の患者のように病気前と
同じように仕事をやれる自信が
出来れば良いが、体の面から
そこまでいかなかったという
現実があったのである。

周りは病人に気を遣うべきと
言うのは否定しないが、病人
は周りに過度に気を使わせ
ない様にしなければならない。

一番ダメなのは病気だから、
体が弱いからというで仕事の
成果面も甘くされるのでは
それこそ逆差別である。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1007-6b9e6760

 | ホーム |