プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


国民健康保険料納入


3月末に会社員時代から入って
いた健康保険の任意継続を
中止して国民健康保険に切り
替えた。

6月中旬に国民健康保険の
保険料の納付通知書が来る。

4月からの2ケ月半は保険料を
払わずに保険の傘に入っていた
ことになる。

請求金額の構成や
計算式に興味を持つ。

国民健康保険料は、
私の年齢の場合は
(1)「医療分保険料」、
(2)「後期高齢者支援金等分保険料」
(3)「介護納付金分保険料」
の合計額。
また、それぞれ、加入者の
賦課基準額に応じて計算
される
「所得割額」、
加入者の人数に応じて
計算される
「均等割額」
で構成される。
3種類x2種類で6つの請求
項目があることになる。

私の住んでいる市の実際の
計算式は以下となっていた。
金額は年額。
(1)医療分保険料
(a)所得割額
国保加入者全員の賦課基準額の合計
×6.92%
(b)均等割額
国保加入者人数×31,880円
・a+bの金額が医療分保険料の年額。

(2)後期高齢者支援金等分保険料
(a)所得割額
国保加入者全員の賦課基準額の合計
×2.40%
(b)均等割額
国保加入者人数×11,072円
・a+bの金額が後期高齢者支援金等分
保険料の年額。

(3)介護納付金分保険料
(a)所得割額
国保加入の40歳~64歳の方の
賦課基準額の合計×2.28%
(b)均等割額
国保加入の40歳~64歳の方の人数
×13,861円
・a+bの金額が介護納付金分保険料
の年額。

(注)賦課基準額
平成28年中の総所得金額等から
基礎控除(33万円)を差し引いた額。

従って全ての支払い額は
・賦課基準額x11.6%
・均等割り額 56,813円/1人

収入がゼロでも均等割額がある
ので0円にはならない。
家族が夫婦二人であれ当然
国保加入者人数は2人となります。

世界に冠たるこのセーフティネット
があることで安心して治療を受けら
れたし、今後もお世話になります。

日本で生まれたことに感謝しながら
郵便局で支払いを済ませました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1014-828b8936

 | ホーム |