プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


眼科検査 気球で何がわかるのか


眼科に行くと、
視力検査、眼圧検査、視野検査
とかは何をやっているかわかる。
しかし、平原に道が通っていて
その先に気球がある検査は
何のためかは知らなかった。
気球を見ててくださいと言わ
れるだけのような気がする。
眼圧測定と同じ機械だったり
する。

この測定機器を作っているのが
株式会社ニデックと知り調べる。

眼を測る
ニデックのHP

名称はオートレフラクトメーター
あの気球は屈折力検査。
屈折力検査:
屈折の度合いを赤外光で測る

以下HPより抜粋
私たちは、外から入ってくる光
を眼の奥にある網膜の細胞が
電気信号として脳に伝え、映像
を作る。
物をはっきりと見るためには、
ピントが網膜の上に合って
いる必要があるが、網膜より
手前、あるいは後ろにピントが
合うとぼやけて見える。
これは、光の屈折の度合いが
違うためで、一般的には近視・
遠視・乱視と言われています。
検査の原理は、赤外光を鏡で
反射させて網膜に当てます。
網膜にあたって反射した光を
集めて円形のリングにして、
あらかじめ器械で計算した
おいた理想の円形と、 測った
リングの形と比較して、眼の
持っている屈折度数を計算
する。
この数値をもとに、視力矯正
に必要なメガネ等の度数を
計算します。

視力検査と屈折力検査を組み
合わせるのかと知るが仕組みは
良く理解はできない。
確かに近視は自分でも視力検査
でわかるが乱視、遠視はどうやって
わかるのか、調整するのかと問い
かけられると今まで答えられない
自分がいた事は事実。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1017-6eca0dc1

 | ホーム |