プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


40年以上の将棋ファン


このブログではほとんど書いて
いないが将棋ファンである。
今は中学生がプロ入り後破竹
の29連勝とか凄いブームなので
少し書いてみたいと思う。
この場で将棋の事を書いても
興味を持たれ無いと思って
今まで書かないでいたが今
は風向きが変わる。

ファンになりかれこれ40年
以上になるが一向に強くなら
ないので自分には将棋の才能
がないとはわかっている。

ファンになった時は最新情報
は月刊誌、次に週刊将棋
(週刊新聞)で情報を得ていた、
その後ネットで翌日には前日の
勝負の勝敗がわかるようになり、
今はオンラインで指し手が配信
されるのでLiveでわかるように
までになった。
時代を表しています。

この40年を表すと
大山、中原時代から
谷川が台頭し、
七冠王羽生時代になったが
実は羽生世代には多くの
逸材がいるのである。
森内、佐藤、郷田、丸山らは
羽生が強すぎたので損をした。
その後渡辺が羽生と戦う時代
が来たという経緯である。
今はご存知のように中学生
棋士が無敗かつ大連勝で
盛り上がっている。

その間には連勝記録で脚光を
浴びた神谷28連勝もあった。
羽生全冠制覇は20年以上前。
羽生ファンとしては7冠達成の
前の年にもチャンスがあったが
谷川さんが阻んだ。
谷川さんは阪神淡路大震災で
被災して対局も延期された中
での執念の勝ち。
これで7冠は無理と思われたが
羽生はその後1年間全タイトル
を守り勝って1年後に谷川王将
を破って7冠になったのである。
個人的にはこの2年間が一番
注目していた時である。

もう一つは羽生さんが高校生の
頃、テレビ対局で右手を怪我して
左手で指して勝っていた。
これは凄い若手が出てきたと
思っていたら直ぐにタイトルを
取るようになった。
体育で怪我をしたとか聞いた
記憶がある。

一方藤井と言えば今は藤井聡太
四段となるが、昔からの将棋ファン
にとっては藤井と言えば居玉、
振り飛車の藤井システムを考案
した藤井猛九段なのである。
竜王のタイトル経験者でもある。

では藤井四段の実力はどの
位あるのか?
将棋が弱い人間が書いている
ので当たっていないと思うが
弱いはずはない、がトップ10
に入っているかはわからない。
という感じである。

理由は
弱ければこれだけの連勝は
できるわけがない。
若い勢いのある棋士に勝って
いるので決して弱くはない。
でもどれくらい強いかはまだ
トップ棋士と実践で戦っていない
のでわからない。

この連勝はテニスで例えれば
4大タイトルの本線出場の為の
予選が並行して行われて勝ち
続けている、これだけ勝つと
既に幾つかが本線の1,2回戦へ
進んだというというイメージで
ベスト32に残った位でと言える。
と思います。
でもこれだけ連勝はなかなか
できないのも事実。

将棋の事だと書き足らないので
長くなってしまったが、まだネタ
はあるので今後も書こうと
思い始める。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1018-2986025e

 | ホーム |