プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
595位
アクセスランキングを見る>>


藤井四段は今後4年間全勝でも名人にはなれない


将棋関係

将棋には現在8つのタイトル
がある。
昨年までは7つでそれを全て
同時に保持したのが羽生さん
で大きなニュースとなりそれ
以降羽生七冠王と言われて
いるが、現在は3つの保持
なので三冠王である。

今年から新たにタイトル戦が
増え8タイトルになっている。

この中で順位戦(別名名人戦)
だけは特別。
他の棋戦はプロ1年目でも
トーナメントであるので勝ち
続ければプロ入り後直ぐに
でもタイトル保持者になる
可能性はあるが名人となる
順位戦だけはシステムが
違う。

将棋名人

プロになるとは4段になりC2組
に所属となる。
一年間戦い数名が昇級する。
毎年各級で戦い、
C1,B2,B1,A級と上がってかつ
A級で一位になって名人挑戦者
になれる。
この名人戦に勝つと名人を
名乗れるのである。
最低でも順位戦参加後5年目
以降でないとなれないのが
名人のシステム。
だから藤井四段は今後4年間
無敗であっても名人になれない
のである。

従って将棋界においては名人
挑戦権を得られるA級に何歳
(あるいは何年)で入れるか、
名人を何歳(何年)でとれるか
が超一流かどうかの判断基準
と言われる所以である。

先日引退した
加藤一二三さんが18歳
谷川浩二さんが20歳
羽生義治さんが23歳

毎年各級を勝ってA級
に18歳でなったので
加藤ひふみんは
神武以来の天才と
言われたのである。

羽生さんでさえ数回順位戦
で足踏みしてる。
C2,C1,B1がそれぞれ2年
かかっていますがいずれも
8勝2敗で惜しくも昇級ならず
ですので不運もありました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1020-56941b62

 | ホーム |