プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


将棋プロ棋士の段位


連日将棋関係ですいません。

昨日の順位戦で順位戦の
スキームは書きましたが
今日は段位はどう決まるのか、
昇段規定についてです。

昔は八段と言えばA級八段。
順位戦(昔は名人戦)でA級に
上がれば八段。
B級1組に上がれば七段。
B級2級に上がれば六段。
C級1組に上がれば五段。
プロ入り直後はC級2組で四段。

三段リーグを勝ち抜いて
四段になればプロ棋士と
呼ばれる。

従って多くは昇級すれば昇段
だった。
但し降級しても段は下がらない
のでその時に在籍する級とは
一致はしないが八段と言えば
トップ10棋士になった過去がある
と言うことなので名誉であった。
従って順位戦が段位にも給料
にも連結する特別の棋戦。
九段は名人になるかタイトル3期
とかタイトル保持者となる必要が
あったので超一流の証であった。

しかしながらこの規定では長くプロ
でやっていても四段のまま、五段
や六段までしかなれない棋士も
多くできてしまった。
それでは指導するのにも恰好が
つかないこともあり昇段後の勝ち数
で昇段できる制度が出来た。
合わせて順位戦と同格の竜王戦
が十段戦に代わってできたので
竜王戦の成績も昇段に連動する
ように制度が変わった。
従って今は九段と言っても一度も
A級に在籍した経験がなくても
名乗れるのである。

将棋段位

プロ入り直後は皆四段である。
幾ら強くても四段からスタート、
ある程度長くプロにいてほどほど
勝てていれば七段、八段と名
乗れるのである。

従って段位ではなく順位戦の
A級や竜王戦1組にいる棋士
がトップ棋士と言われる。
一方四段だから必ずしも弱い
とは限らないのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1022-5bdd48d0

 | ホーム |