プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


食欲がない時の食べる意欲の大切さ


病気の治療後に食欲が
無くなった時に、食べる
意欲があるかないかが
分かれ目である。

私の場合は食欲はなくなり、
食べる意欲もなくなった時が
あった。

口から食べることが一番の
リハビリである事は頭では
理解していたが、何が食べ
たい、何が食べれると考える
事も嫌になり、点滴で栄養を
補給される時期が続いた。

食欲がなくても食べる意欲を
失わない、食べられる量が少
なくても意欲だけは持ち、一口
だけでも多く食べる。
これが病人の最大のリハビリで
ある。

ちなみに食欲の定義は
空腹として感じられる食物を
食べる願望。

病気後の最大の問題は空腹を
感じなくなった時にいかに食べる
かなのである。

自分としては移植5年過ぎてから
忘れていた空腹感が少しずつ
戻ってきた。
今は食欲がありすぎて困ること
があるが長期間の小食で胃が
小さくなったのか量は食べらない
時が多い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1023-4acd1a36

 | ホーム |