プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


がん治療 惑わされない為には


少し前になりますが日テレ系
のニュース番組で見ました。
記事にもなっており、配信も
されているのでご存知の人
も多いと思います。

がん患者を惑わす「甘い言葉」とは? インチキ医療で命を落とす前にできること

まずはがんの標準治療に
ついては「標準」という言葉
が日本人には誤解を与える
可能性があると私も思って
います。
標準の治療と言われれば、
特別、スペシャルな治療も
あると思えてしまう。
標準ではなく最適とか最善
とか高生存治療とか言う方
が良さそう。

また抗がん剤は使うなとか
の記事や宣伝も多く見受ける。
確かに毒を好んで体に入れる
人はいないが仕方なく行って
いるのである。
リスクとベネフィットとの
トレードオフなのである。

インタビューの中にもあるが
疑うべき宣伝文句が多く溢れ
ている世の中である。
他の方法が無くなれば藁をも
掴む気持ちはわかなくはないし、
治療法の選択はあくまでも個人
の責任と思っていますが、人の
弱みにつけこむ側に騙される
のは避けるべきです。

一方闘病記を書く人は生きる
意欲だけを書くのではなく、
どのような治療をどのような
タイミングや理由で選択し、
その結果がどうであるか、
あったかを記して欲しい。

この場で書くべきことか悩み
ましたが、先日残念ながら
乳がんでお亡くなりなった
有名な方。
病院を数回変えたとか、
標準治療を受けなかったとか
標準治療以外の方法も多く
受けたとかの報道があるが、
真実はわからない。
闘病中多くのがん患者を
勇気づけたのも事実。

しかしどのようなタイミングで
どのような治療を選択したか、
その結果はどうであったかを
公にしてもらうほうが同じ病気
になった人の参考になると思う
のである。

がん治療の選択はあくまで
自己責任であるので選択に
関して他者がどうこう言うべき
ではないが何を選んでどう
なかったかの事実だけは
知りたいのである。

がんを早期に見つける為に
検診を受ける。
しかし不幸にもがんになった
後は自分の選択のために
経験者のどうしたのか、結果
はどうかをを知りたいという
人の方が実は切羽詰まって
いるのである。
生き延びた人間は治療法を
振り返って記すことができる
が残念ながら力尽きた人の
治療体験や方法も後の人間
の大いなる参考になる。

実際標準治療で助からない
事実は多くある一方で数少ない
成功例をあげてがんは治った
というのも疑うべきものである。

失敗例も公にすべきである。
さらに言えばその治療を行わ
なくても生き延びれた可能性も
ゼロではないのである。

上手くいかなかった事や失敗
を繰り返しながら医学の進歩
や患者の考え方は進歩するも
のであると考えている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1032-5ad6c36e

 | ホーム |