プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


消化器内科(2017年7月) がんに見えるのだけれども…


今年早々に胃カメラにより
食道部に炎症があることが
認められ経過観察として
半年後に再度胃カメラ検査
を行った。
当然の生検付きである。

検査して2週経ったので
結果聞きに行った。

医師からは胃カメラの映像から
は食道部のがんに見えたので
5か所を生検しました。
しかし検査結果は悪性とは
出なかったと言われる。
結局は半年前と同じ状態。
「放射線性食道炎」
という診断が出される。

全身放射線治療の副作用と
言えそうである。
今後については先生も少し
考えてから、半年前と同じなので
1年後でも良いかもしれないが
急に転化する人もいるので
年内にもう一度胃カメラの生検
をさせて欲しいという申し出。
年3回は嫌ですと言おうとしたが
根が素直な性格なためハイと
答えて11月に検査予約をする。
医師としてはもう少し長い期間
の経過データが欲しいということ
のようである。

こういうのを「がんもどき」と言うの
でしょうかと聞くとがんではない
ので「がんもどき」ではなく、炎症
ですときっぱり言われる。

最後に薬も出ないので何か気を
つけることはありますかと聞くと
飲酒が食道がんに結び付く可能性
があるのでお酒ですかねという
答えであったが、今は体調が良く
なってきているので禁酒できる約束
は到底できないので聞こえないふり
をして引き上げた。
都合の悪いことは聞こえないという
術を身につけたといえる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1033-8bf2ddef

 | ホーム |