プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
595位
アクセスランキングを見る>>


白血病 外来受診(2017年7月)  


実は午前に消化器内科、
午後に血液内科の
ダブルヘッダー受診で
あった。

朝受付してまずは採血の
順番を取り、消化器内科の
診察、その後採血をして
ランチをして、午後血液内科
の受診、最後に外部薬局
と回る。

消化器内科で1時間以上
待ったので採血は既に順番
が過ぎており戻ると直ぐに
対応してもらえた。

血液内科ではまず主治医と
胃カメラの結果で会話。
放射線治療における食道炎
はあることはあるという話で
あった。

今回の血球値は以下。
()内は数値は前回(5月)の値
白血球数:10.0(8.3)、ヘモグロビン:10.3(9.8)、
血小板数:195(167)、CRP:0.1(0.0)、
クレアチニン:1.46(1.43)、
AST(GOT):53(50)、ALT(GPT):59(46),
HbA1c:6.1(6.0)

先回の外来から大きな体調の変化
はなく安定状態。
しかしこのところクレアチニンの
高値が続く。
また腫瘍マーカーのCA19-9が58
となり(前回21)高くなる。
これは過去色々と変動が多い数値
なので少し期間様子見する。

次回予約は8週間後となりこちらは
とりあえず少し落ち着ていると言え
そうである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1034-a87f1d3f

 | ホーム |