プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


NHK がん検診見逃し率報道 見逃し率の定義が難解


だいぶ前になりますがこれは
見ました。
6月末のNHKの夜のトップニュース

青森県のがん検診について
「がんによる死亡率が12年
連続で全国最悪の青森県は、
がんの早期発見につなげよう
と県内の10の町と村で自治体
のがん検診を受けた人を対象
に調査したところ、胃がんと
大腸がんについて検診の段階
で患者の4割が見落とされて
いた可能性があることを示す
分析結果をまとめました。」

と報道があり、これは後追い
各社ニュースにすると思った
実際はほとんど取り上げられ
なかった。
フェイクニュースとは言わないが
裏が取れないという事だと思う。

確かに数の少なさや見落とし率
の定義とか納得や理解できない
部分があるが検診しても見逃し
4割という数値にインパクトが
あるのでそこだけその後切り取ら
れるのでは思った。
最近に国立がん研究センター
からこの報道に関するコメントが
出されている。

青森県のがん検診での見落としに関する報道について

母数の少なさや見逃しの率の
定義への疑問が書かれている。

やはり4割という数値をそのまま
鵜呑みには出来ない部分がある
と感じる。
見逃し率も定義が難解であった。

そもそも前にも書いたががん
検診の感度は7-8割であるので
2割位はがんであっても陰性
と言われる。
母数が少なければ2割と4割
の有意差があるとはいえない。

もともとの青森県のレポート
でも見逃し率4割とかの記載は
なさそうなのでインパクトある
ニュースにするためにNHKで
4割という数値を出したと思わ
れる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1037-5b9c349e

 | ホーム |