プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


本当に乳がんの見落としなのだろうか


以下の記事が話題
になっている。

「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者

病院名まで出しての記事なので
当然裏付けを取っているとは思う
が全てが事実かどうかは第三者
にはわからない。
患者側の記憶が主で、病院や
を悪者にしようとしている可能性
もある。

記事内容を全て事実だとしても
個人的には
最初の検査でがんを見落として
いたかはわからない。
(記事でも可能性があるという
書き方である)
マンモグラフィ検査などを受け、
がんを疑う状況ではないと
告げられるたとあるが半年後
くらいに、念のためまた診て
みましょう。と言われている。
何故この時に半年後の検査
や診察の予約をしなかったか
である。
結局検査せずに8ケ月後に
自覚症状が出て検査し、
がんと宣告されたとある。

実は他の記事では、病院側
の意見も記されている。
最初の診察を受けたところ、
腫瘍の存在が確認された
うえで、
「若い女性に多い良性の乳腺
線維腺腫に見受けられたよう
です。全く問題がなさそうなら
半年後と言うのですが、白黒
はっきりしないので
“3カ月後に来てください”
と伝えたのです。
彼女のブログには
〈「授乳中のしこりですし、心配
いらないですよ。半年後くらいに、
念のため、また診てみましょう」
と言われました〉
と綴られていますが……」
との病院関係者の発言がある。
ところが、麻央さんは多忙だった
ためか、受診が遅れ、再検査を
受けたのはその8カ月後だった。

というものもある。

3ケ月後に受けていれば、
あるいは半年後にでも受けて
いればその後に違いが出た
可能性はあったと思われる。

私も1月に胃カメラで食道部に
炎症が見つかり、幸い生検
結果は悪性ではなかったが
念のため半年後に再検査しま
しょうとなり、その場で半年後
の検査予約をした。
それも幸い悪性ではなかったが、
更に半年後に検査予約をした。
1年間に3回の胃カメラとなるが
そうした方が良いと医師も私も
判断したのである。

医師を信じ多ということであれば
素直に従って次に検査していれば
仮に最初に見逃しがあったとして
もリカバリーが出来た可能性は
あったのではないかと思えて仕方
がない。

やはりこの記事のタイトルと内容
には疑問を持つ。
医師の言葉を信じていれば
早めに再検査を受けていた
はずなのである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1038-ff62634f

 | ホーム |