プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


肺炎にて入院(2017年7月) (1) 入院まで


今回の入院についてまとめる。
自覚症状(異変)を感じたのは
入院の4日前からでした。

・入院4日前
朝は熱は平熱。
基本毎朝検温しています。
しかし朝起きると目やにが凄い
事になっている。
普段はあまり経験がないので
少し驚くがその日は他に異変は
なく普通に過ごす。

・入院3日前
熱は平熱。
この日も目やにが凄い。
午後からは外の光が眩しくて
目がチャント開けられない状態
となる。
眼を開けているがつらいので
早めに就寝する。

・入院2日前
朝39度の発熱。
眼の調子も悪いが、熱が出たので
カロナールを飲んで終日横になる。
食欲も低下。

・入院前日
朝は38度の熱。
眼の調子は相変わらず悪い。
この頃から横になって寝ていても
背中が痛くなる。
寝る向きを考えなくてはいけない状態。
食欲はない。

・入院日
朝39度の発熱。
背中が痛い状態が続く。
怠さ感が強くなる。
午後病院へ電話してから外来に行く。
個人的に入院の可能性が高いと
思えたので現在飲んでいる薬、携帯の
充電器、ワイドFMラジオを持参して
病院に行く。

今回は眼がセンサーだったと思われる。
でも眼の異変ではないかには行けない。
それと入院前が土日だったので緊急の
外来も行かなかったが平日であれば
もう1日早く病院に行ったと思う。

病院に行ってからのことは長くなるので
次回に書きます。

(続く)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1046-72a1eb26

 | ホーム |