プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


肺炎にて入院(2017年7月) (2) 入院~退院


入院顛末その2です。

・入院日
事前連絡して午後病院へ行く。
38度台の発熱なので内科処置室の
ベッドで問診され採血される。
結果CRP(炎症反応)が26と高値
で重症感染症ということで即入院
が決定。
その他クレアチニンが普段より高い。
その後、CTとレントゲンを撮り、
病室で先生を来るのを待つ。
意識はしっかりしているが体を動か
すことはしんどいので車椅子での
移動。
左肺の奥側の肺炎という診断。
背中の左側が痛かったので痛み
の部分とも合致する。
普通では2-3週間の入院となるで
しょうという言われる。

・入院2日目
朝熱は36度台に下がる。
(この後発熱はなかった)
抗生剤等の点滴が始まる。
今回は1日5回(各30-45分)。
AM 5時、10時、11時、
PM 5時、11時。
夜の睡眠には少し邪魔な時間
に入っているが今回は水分点滴
が必要なかったので点滴拘束時間
は短くて済んだ。
しかしCRPが高いので病室外に出る
ことは禁じられる。
動くどころではないので寝て過ごす。

・入院3日目
熱は36度台で収まっている。
採血結果でCRPは19.8。
体は少し楽になるが眼の調子は
相変わらず悪いし背中はまだ痛い。
病室外(同じ階)へ出る事は許される。

・入院4日目
目やにはなくなるが眩しさはまだ
残る。
背中の痛みは普通にしていれば
痛くはなくなるが、深呼吸すると痛み
が残る状態。
散歩の真似事で少しだけ歩くようにする。

・入院5日目
CRPは8.0。 
胸部レントゲン撮影。
ほぼ普通に生活できる感じになる。
病院内散歩を開始する。
先生も順調なので週明けの採血結果
で退院日を決めましょうということに。
最初の予測より相当順調に来ていると
感じる。

・入院6,7日目
土日のため採血や検査は無し。
抗生剤の点滴は継続している。
靴を履いての散歩を開始する。
上履きとかサンダルで病院内を
歩いていても退院後に外に出ると
感じるのは靴が案外重いということ
と道には凹凸が結構あるということ。
従って退院後を考えると靴を履いて
病院内を散歩する方が退院後には
良いと経験しているためである。

・入院8日目
朝の採血。
CRPは2.6迄下がる。
2週後に経過観察のために外来で
来ていただければ退院できますと
いうことなので9日目のAMの点滴を
入れてから午後退院と決める。
歩数を多くしての散歩で体力を少しで
も戻せるように心がける。

・入院9日目
午前中の点滴を終え、置き針を
抜いてもらい、昼食後に退院。
1週間分の抗生剤の飲み薬が
渡される。

2日目から熱が下がった。
食事が普通にとれた。
という事も早めの退院につながった
と思えます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1047-13b435d5

 | ホーム |