プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


入院エピソード(1) 喫煙事件


数知れず入院しているが今回の
短い入院において初めて経験した
ことが数多くあった。
今日から数回に分けて書きます。

初回は病室での喫煙事件

入院5日目の事。
4人部屋に患者は私含め3名。
夕方婦長さんが、このあたりで
臭いという情報があったのでベッド
周りを見せてくださいと来る。

私のベッド周りを点検してから
隣の入院患者のところへ。
おじいさんです。
少し認知症が入っているのは
会話からはわかっていたが、
なんとベッドでタバコを吸った
形跡が見つかる。
その時、患者はベットにはおらず。
戻ると主治医や婦長さんが来て
事情聴取。
本人は吸ったとは白状(黙秘)しな
かったので悪いことだとはある程度
分かっていたと思われる。
とりあえずライターとたばこが没収
され、病院側が家族と連絡を取ると
いうことになる。

治療の合間だったようでもあり、結果
は翌日に緊急退院して家で過ごして、
外来で今後の事を検討するとなった
ようである。
実際は強制退院です。
かなり前から入院して手術迄していた
様であるので初犯ではなさそうに思う。

何故隣の私が気が付かなかったのか
というとその時は院内を散歩していた
のである。
マスクをしていたのでベッドに戻って
も異臭は感じなかったので逆に騒動
に驚く。

昔同部屋の患者が深夜、病院を抜け
出し外で喫煙してひと悶着あった経験
はあるが、病室内での喫煙は当然初。

喫煙の健康問題もあるが、それよりも
火事にでもなっていたらと思うと考えた
だけでも恐ろしく思う事件であった。

飛行機に乗る時のように入院時に
持ち込み物のチェックがされる時代
になるのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1048-f5911986

 | ホーム |