プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


入院エピソード(3) 痰が出ないのに吸引される


入院エピソード その3

今回肺炎であったが、咳も
痰も全くでなかった。

肺炎の原因を見つける上で
痰を検査するのが有効とは
知っていた。
当然痰が出たら調べますと言って
出た痰を採取するように言われる。
これはいつもそうなります。

しかし全く痰が出ない、更に言えば
出る気配も全くないのである。

でも病院側としてはなんとして採取
したいということで色々方法を考え
てくる。

まずはネプライザー登場。
・ネブライザーの目的は 気道
(口腔、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、
気管支、気管支枝、肺胞など)
に湿気を与える。
期待される効果は
痰を柔らかくする、
痰が出やすくなる。

10分くらい行ったが効果全くなし。
痰の出る気配なし。

次の手段は痰の吸引器。
これ自体は初体験ではありません。
しかし痰が出ていないのに吸引する
という荒業に出る。
対象物がなく何を吸引できるのかと
疑問を呈するがとにかくさせてください
と看護師が頼むのでOKする。
喉に入れられ苦しいだけ。
少しだけ取れたようなので検査に
回しますと看護師は言ったが実際
はほとんど出ていないとわかる。

主治医のリクエストなので看護師に
文句を言っても仕方ないとは理解
しているが、終了後
これは鼻水をどうしても検査したい
ので鼻水を出してくださいと言われ、
鼻水出ませんと言ったら鼻水吸引
しますと同じ事で無理なものは無理
ですと先生に伝えてと言い放つ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1050-90d764ce

 | ホーム |