プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


入院エピソード(4) 部屋移動半日で2回 3日で4部屋


入院エピソード4

入院において部屋の移動は
結構あるので慣れてはいるが
今回初めての経験をする。

緊急入院だったので初日は
希望する部屋には入れず後日
移動するということで入院。

2日目の朝。
8時半にはこの部屋を空けたいので
朝食後移動しますと言われる。
まだ部屋外へ出ることは禁止だった
のでベッドに寝たまま部屋移動。
午前の点滴中にすいませんもう一度
移動してくださいと言われ、
ベットに寝たままベットごと、かつ
点滴されながらの3部屋目への移動。
さすがに半日で2回の部屋移動は
初体験である。
実は翌日にもう一回移動したので
3日間で4部屋を経験した。

後で調べると最初の3部屋のフロア
は受け持ちの科が違うようで4部屋目
が主治医受け持ちのフロアだった。

入院当初は体がきついので言われる
がままに従ったが後で考えるとこの
部屋移動には疑問符が付く。

初日は夕方からの入院だったのだが
次の朝8時半に動ける部屋があるので
あれば最初からそこに入れたのでは
ないかと思われる。
記憶上では同じフロアの同じナース
ステーションの受け持ち内の移動なので
受け入れ側の問題でもないように思える。

一方最後の3日間は4人部屋でありな
がら他の患者が全員退院し、新しく
患者も入って来ず、私一人で過ごした。
広い広い個室状態である。

急患や看護師の配置人数もあるので
ベット管理は難しいと思うが病室移動
の手伝いのためや引継ぎ等無駄な
工数が出るのは確か。

一方ではベッドの稼働率はどう考える
のかも心配してしまうのである。
会社員時代の効率化や無駄排除の
考え方が身に付き過ぎているのかも
しれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1051-ef6be964

 | ホーム |