プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
870位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


入院エピソード(5) 朝の採血が朝食後になる


入院エピソード5

入院中の採血と言えば朝食前
である。
朝のバイタルと同じ時もあれば
別に採血に来るときもある、
病院によっては入院患者が7時
に採血場所に集合して並んで
採血の経験もあるが全て朝食前
である。
血糖値とかが問題視されている
となおさらである。

今回の入院の最後の採血。
朝なかなか来ない。
先に朝食が来てしまう。
ナースコールしたら今回血糖値
については問題視してないので
朝食後に採血しますという答え。
忙しい朝だったのかもしれないので
夜勤さんから日勤さんへ役割変更
ということだと理解して朝食を食べる。

しかし食べ終えても来ない。
朝の薬を飲むと影響が出る可能性
もあるので薬も飲めない。

薬は個人管理に戻されていたので
看護師さんが朝の薬を持ってくること
もないのである。

仕方なく再度ナースコールする。
引継ぎされていなかったようで
9時過ぎにやっと採血される。
その後に朝の薬を飲む。

採血が終わって20分くらいして
主治医登場。
まだ血液検査の結果が出ていない
ので・・・

それはそうだと思います。
採血はさっき終わりましたと答える。
ではまた来ますと主治医戻っていく。

直後に朝の点滴が始まる。
採血をベッドでずっと待ったが朝食後
になった初経験である

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1052-029b0427

 | ホーム |