プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


入院エピソード(6) 入院中の健康保険証がかわる


入院エピソード6

今回は7月末から8月1日まで
の入院。
現在加入している国保の
保険証の有効期限が7月31日
までであった。
入院前に8月1日から有効の
新保険証は届いていたので
入院時に携帯はしていた。
番号は変わりはないが有効
期限が異なる。
保険証の色も違う。

入院時に当然保険証を出した
が退院が8月1日になったため
清算のために朝一で事務員
さんが新保険証を見せてくだ
さいと来た。

同居人がいる人は良いが一人
住まいで長期入院している
時には困るだろうなと感じた
退院日であった。
高齢者社会になると保険証や
重要郵便物の配達先を入院先
病院とか代理宛にできるように
しないと困ることが多くなると
思われる。
そういう人にとってはマイナンバー
一枚で多くのものがカバーでき
るようになる方が良いと思うの
だが・・・

厚生年金から国民年金への切り
替え時は厚生年金を退会して
証明書をもらって国保切り替え
処置が必要だったので保険証
が手元に何もない時期があった。
病院に行かなくて良いように調整
したり健康管理に気を使った。
無保険証間の共済措置
(国保は保健証が来ていなくても
切り替え日から遡って適応)
があったようではあるが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1053-6772602b

 | ホーム |