プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


入院エピソード(7) 退院時アンケート


入院エピソード7
9日間の入院でこれだけ
色々あったのも珍しい。
今回が最終回です。

退院日に婦長さんが来て、
今後のため是非アンケート
を記入してくださいと頼まれる。
これも初めてである。

アンケート内容を見ると
大項目としては
・当院の評価
・食事の評価
・職員の態度
・設備
・当院を選んだ理由

それぞれに小項目があり
評価する形式であり、旅館
や飲食店で見るのと同じ
ようで病院とは思えない。

CS調査と思うが最近は病院
でも始まったのかと知る。

しかし、評価する時に悩む。
特にナース関連。
ナースコールに迅速に対応、
とか会話で患者が安心できた
とかの項目がある。
忙しい中でナースは精一杯
対応してくれているのがわかる
ので評価は良いのであるが、
高評価をしたことで病院の上層部
は今のままの方針や体制で良い
と思うのではないかということ。

実際は入院患者数に対してナース
の人数が足りなくて十分なサポート
や迅速な対応ができていないかも
しれないのである。

実際競歩のように病室内を動いて
患者対応しているのを見ている。
お年寄りの患者には夜は危ない
のでトイレの時にはナースコール
を必ずしてねとか言っている。

高評価をすることが働いている
人への更なる負担にならないか
を心配。
でも低評価だとそれはそれで改善
指示が出ると思うので負担が増え
るのは事実でかわいそう。
従ってやや高めの評価しかできない
のであるが悩ましい問題ではある。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1054-bd64db9b

 | ホーム |