プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


肺炎入院(2017/8)の点滴、薬


今回の肺炎入院時の治療。

個人的備忘録の位置づけです。

点滴は入院日夜から
・タゾピペ配合静注
・ファンガード点滴
・ヘパフラッシュ

肺炎とわかったが原因はウィルス
なのか細菌なのかはすぐには
わからないので最初の薬が効くか
どうかでその後の回復速度に違い
が出るとは知っていたので今回は
当たったと言えそう。

飲み薬は血液内科の定期的な
外来でもらっているものをその
ままの量、回数で読みました
ので今回の入院で新たに出さ
れた薬はありませんでした。

・タゾピペ配合静注用
細菌の細胞壁合成を阻害して
殺菌的に作用する抗生物質。
通常、敗血症、肺炎、腎盂腎炎、
複雑性膀胱炎、腹膜炎、腹腔内
膿瘍、胆嚢炎、胆管炎、発熱性
好中球減少症の治療に用い
られる。

・ファンガード点滴用の効能・効果
呼吸器真菌症、消化管真菌症、
真菌血症、造血幹細胞移植の
(カンジダ症、アスペルギルス症)
の予防

・ヘパフラッシュ100単位/mLシリンジ5mL
血管の中に血栓ができるのを防ぐ
働きがあります。
血液が固まるのを防ぐ薬。
静脈内留置ルート内の血液凝固の
防止。

退院時に
・レボフロキシサン錠(DSEP)
作用と効果
ニューキノロン系抗菌薬で、
細菌のDNA複製を阻害し、
殺菌作用を示す。
通常皮膚感染症、呼吸器感染症、
泌尿器感染症、婦人科感染症、
眼科感染症、耳鼻科感染症、
歯科感染症などの感染症治療
に使用される。
これは飲み切り中止で出される。

言われた通りに飲み切りました。
抗生剤は出された分は飲み切る
のが常識だと思っていましたが、
最近は治ってもから飲み続けると
逆に耐性菌が出来やすいとか
今までと逆の論が出たりしている。
何が正解かは今はわからない、
将来解明されるのであろうが
何をもって治ったかは患者側では
正確な判断つかないと思われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1055-37b71c4b

 | ホーム |