プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


眼科に行く(2017年8月)


前回の5月の診察時に次回は
視野検査等色々行いたいので
予約を入れて来てくださいと
言われていた。
7月末に予約を入れていたが
肺炎の入院のためjキャンセル。
再度予約してから行く。

眼圧、視力、視野検査して
点眼後に眼底検査。
その後目視でのチェック。
眼のドックを受けたような検査量
です。
時間も1時間以上かかる。

眼底検査の時に瞳孔を開く目薬
を入れたので30分程待った。
これは瞳孔が開いて(散瞳)検査
すると網膜や水晶体などの病変を
詳細に検査することができるとある。
帰りはすぐには車の運転はできま
せんと言われたが電車で行っている
ので特に問題はないと思った。
4-5時間眩しく感じる後遺症が残る
ということだそうである。

検査結果は
眼圧は左右共に11で正常範囲内。
視野も前回から悪くはなって
いないので緑内障以外は他に
異常はないということで終了。
緑内障だけでも大きな病気
なのですが・・

先月肺炎になった時、最初に
眼に異常を感じたのでそういう
ことは多々ありますかと尋ねたが
たまりありますという答えだった
のでそれほど数多くはなさそう。

終わって外へ出ると晴天で日光
が眩しくて眼を開けていられない。
これが散瞳の影響かと実感。
確かに直に運転はできそうもない。

日の当たらない屋内に退避して
ランチで時間をつぶす。
その後もまだ眩しさは残り3時間
くらいしてやっと元に戻る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1058-50b8f1b6

 | ホーム |