プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


目薬の正しい使いかた


先日の眼科で「めぐすりハンドブック」
が置いてあった。
目薬は皆さん使った経験は多くある
と思いますが正しい目薬の使い方は
あまり聞く機会がないように思う。

ハンドブック中の目薬の使い方から

目薬をさした直後は、目を1-2分間
閉じるか、目頭を押さえるようにします。
また2種類以上の目薬を使用する場合
は間隔を5分以上あけてください。

・目頭を押さえることにより、薬が鼻腔
を通って口の中に入るのを防ぎます。
これにより目全体にいきわたりやすく
なり、治療効果を高めます。
更に全身性の副作用を防ぐことが
出来ます。

とある。
目をぱちぱちさせろとは書いていない。
目薬を差した後に口に苦みをを感じる
のは鼻を通じて口に入るためなので
目頭を押さえれば口に入る量が減ら
せるということらしい。

子供が嫌がって目薬を差せない場合
は頭を両足で挟んで動かないように
押さえる。
これを馬乗り法とかプロレス法と呼んで
いるのが笑える。
それでも目を明かない場合は寝かせ
て目をつむったままで目頭に落とす。
その後子供が眼を開けると自然に目薬
が入っていくとある。
お困りの方はお試しあれ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1060-dc497469

 | ホーム |