プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


ドクターショッピング ホスピタルショッピング


ドクターショッピング、
セカンドオピニオン、
大きな違いがある。

・ドクターショッピング
(英語: Doctor shopping)
精神的・身体的な問題に対して
医療機関を次々と、あるいは
同時に受診すること。
別名「青い鳥症候群」
「ホスピタルショッピング」とも呼ぶ。

・セカンドオピニオン
「第二の意見」。
患者がある病気で診断を下され
た際に、診断結果やその後の
治療方針や治療方法について
主治医以外の医師から意見を
聞くこと。
主治医以外の意見を聞くことで
現在の治療が適切なのか、
他に良い治療がないのかなど
患者がより納得のいく治療を
受けることが可能となる。

「今の主治医に不満があって、
違う医師に診てもらいたい」
「今の主治医に内緒で、違う
病院でセカンドオピニオンを
受けたい」は
「セカンドオピニオン」ではない。
初めから医師を変えたいという
明確な意思がある場合は、
“転院、もしくは転医”になるが
これを繰り返すことが
ドクターショッピング。

セカンドオピニオンを受けるには
最初の医師の紹介状と検査結果
が必要。
最初の医師に内緒で別の病院で
診てもらうことはセカンドオピニオン
ではない。

紹介状もなく新たに病院を変えて
検査すると当然診断料が高くつく。
しかし保険診療であれば3割負担
で済むし、もし前の病院で薬を
もらっていれば無駄な薬が出たり
飲み合わせで危険なこともある。
保険料を払っている他の人にも
迷惑をかけている。


ドクターショッピングは、
個人の医療情報が医師に伝わ
らず診察・検査・治療を行う。
セカンドオピニオンは
個人の医療情報
(診断・検査結果・治療・経過・
あなたの希望)が、次の医師
に渡り、その情報の上で意見
を聞く事。

複数の医師から診断や治療法
を聞きたいというための方法も
やり方において大きな違いが
あることを理解すべきである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1061-dc98871a

 | ホーム |