プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


肺炎入院 フォロー外来(2017年8月)


肺炎の退院時に2週間後の
外来予約を入れたので行く。

今回は血液検査と胸部CT撮影
が診察前検査として入っている。
今回分院に入院したので外来も
分院でとなる。
本院に比べて明らかに空いている。
CT検査の予約時間前に到着した
のでまずは採血。
待ち時間なしで終わる。
そのままCTもほとんど待たずに
呼ばれる。
結局CT予約時間前に検査は終了
して診察を待つ事になる。
診察予約時間まで1時間半くらい
あったが採血後1時間少したって
呼ばれる。

CRP(炎症反応)は0.1。
他の結果も入院前に戻っている。
入院中の点滴の影響で悪かった
数値も改善傾向。
CTでの画像も肺の影がなくなって
いる事が私でもわかるレベル。

肺炎は治っていますということで
追加で薬も出ずに終了。

今回は早めの入院が結果、早期の
治癒になったということであった。

会計を終え予想より1時間以上早く
病院を後にすることができた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1063-4c3c51aa

 | ホーム |