プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


点滴の目的 


入院すると点滴は友達。
移植後の外来時にも今日
は点滴をしましょうという
日もあった。
他に緊急入院だと検査
結果が出ないうちから
点滴することもある。
それぞれ目的があるはず。
水分・栄養補給、楽剤投与
あわかるがそれ以外にも
目的はあるのか。

点滴の定義、目的
・点滴とは血管の中に管を
固定し、投与するべき薬剤
の袋を管でつなげて高い位置
に固定し、重力を利用して
徐々に血管の中に投与して
いく方法

・点滴の目的
「水分および栄養補給」
「薬剤投与」
「薬剤投与の備え」

・水分、栄養補給
脱水傾向とかあると大きな
点滴袋で長時間拘束される。
食事量が十分とれないとか
の場合も点滴されていた。
口から食べれないと点滴が
外せない、退院できないと
いう思いが私の頭の中には
常にある。

・薬剤を投与
治療薬の中には、飲み薬が
なく、静脈から投与する形態
しかないものもあります。
そのような薬は、点滴で直接
投与します。
また何らかの理由で口から薬
を飲めないけれども薬を投与
しなくてはいけないという場合
も、点滴によって必要な薬を
投与する。
吐いてしまうとか、本人の
意識がないような場合なども、
点滴から薬を投与する。

移植後、少し体調が良くなり、
点滴が多いのでそろそろ
内服に変えてもらえませんか
と主治医にお願いした時、
これとこれは内服薬がない
ので残念ながら点滴ですね
と言われた。
これらの必要が無くならない
と退院の最低ラインにはいか
ないのだと思った瞬間である。

・薬剤投与の備え
救急外来などでまずは点滴
となった人は多いと思う。
今回の入院になったの緊急
外来時は採血と同時に点滴
ルートが確保され、点滴が
始まった。
緊急入院の場合多くは体調が
悪いとか意識がないとかなの
で何のために点滴するのです
かという質問ができたことは
ない。
されるがままである。

すぐに薬剤を投与する必要
がなくても、薬剤を投与する
かもしれない場合に、前もって
点滴の管を入れて薬剤の
投与ルートを確保しておく。
突然けいれんしたり、意識
がなくなったり、急に不整脈
が出たり、という可能性を
考えて、あらかじめ薬剤を
投与するために点滴の管
をいれる。
この場合の点滴の中身は
薬ではなく、水分補給に
つかうような水分に電解質
を混ぜたものをつないで
おくだけ。

急変や早期治療の準備
と言われればそれは重要
と知らるがとりあえず何か
薬を入れているかと思って
いた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1065-437e5917

 | ホーム |