プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


がんで余命宣告された時の価値観


完治が難しい進行したがん
の患者になった場合の考え方、
プライオリティは事前に考えて
おくべきである。

自分は
・お金はあの世に持って行けない。
・限られた時間をどう使うかは
選択できる。

患者には色々な高額な自費
治療をお金をかけて受ける
自由はある。
お金は失うが希望は少しは
持てるかもしれない。
でもそれにより残り少ない
貴重な時間を費やすことが
自分に取って価値がある
ことなのかとを比較して
考えると自分は選択しない。
しかし、家族の価値観と
個人の価値観は違うので
事前に良く話し合うことは
重要と言える。

一日でも長く生きていてさえ
くれたら良いという家族の
気持ちは全く否定はでき
ないが、本人の希望や辛さ
も汲み取って欲しい。

しかし限られた時間と言われ
たならば健康であった時の
ように過ごしたい。
この希望がかなえられるの
であればお金は惜しまない
のだが・・

参考した記事は以下の
朝日デジタル
「ダメでもともと」の患者さんはいません




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1066-266725cb

 | ホーム |