プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


「がんもどき」は「がん」ではないと思っていたががんだった


「がんもどき」
本来は精進料理の肉の代用品。
豆腐をつぶして、ニンジンや
レンコン、ゴボウなどと混ぜて、
油で揚げた料理。古くは麸を
揚げたものであった。
「雁擬き」と字を宛てて表記
することもある。

がん患者にとっての
「がんもどき」。
最初「がんもどき」と聞いた時
はがんに似ているががんでは
ないものと思っていたが、
「がんもどき」はがんである。
がんの種類を言っていたと
知る。

有名な話であるので私の常識が
なかったということなのであるが
がある医師が提唱している。
それはがんには種類あって
「転移する本物のガン」と
「転移しないガン」(がんもどき)
に分けられる。
本物のガンは転移するが、
ガンもどきは転移しない。
転移するガンは最初から転移
する「本物ガン」で、ガンもどき
であるのなら、それは最初から
転移しない。
早期検診をしてガンを発見し、
治療を行っても行わなくても、
その差は見られない。
がん検診して見つかっても
いずれにせよ治療は必要ない、
発見されたガンが「本物」で
あれば既に転移している。
「もどき」であれば放置でも
移転しないので大丈夫。
従ってどちらも器官切除で
寿命は延びず、損をする。
という考え方である。

反論も当然ですが多くある。
(反論の方が大多数と思います)
*「本物のがん」と「がんもどき」
は外見上の区別がつかない。
*「がんもどき」はリンパ節転移
をすることがあるが、それは転移
として認めていない。
*「がんもどき」が途中から
「本物のがん」になることもありうる。

本には上記のようなことも記載され
ているようで途中から本物のがん
になる可能性があるなら切るのも
有力な選択肢だと思える。

がん(悪性腫瘍)でないものは
「がんもどき」とは呼ばない。

真偽は別としてもこの表現は
勘違いを生ずると思う。

自分に当てはめる。
胃カメラで食道部を生検。
画像では先生はがんに
見えるのだけれども生検で
陰性なのでがんではなく炎症
ですと言い切ったので、当時
正確に理解していない私は
こういうのを「がんもどき」と
いうのですかと尋ねると
きっぱり「がんもどき」では
なく炎症ですと怒ったように
言われた。
担当の消化器の先生もこの
説には納得していないのでは
と思った瞬間であった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1067-0aadb574

 | ホーム |