プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


高齢者のがん治療の是非 検査することにも疑問を持つ


高齢者に対するがんの治療。
8月9日に公表された国立がん
研究センターの全国集計でも、
75歳以上ではがんの部位や
進行度によって、治療の負担
を減らす傾向が見られた。

当然だと思う。
標準治療も高齢者に対しての
十分なエビデンスは無いと思う。

かえって治療後や手術後の
QOLを考えると治療自体の
必要性があるのかが疑問。

関連記事は以下
高齢がん患者どこまで治療するか 手術も抗がん剤もしない選択

個人的には今後高齢になり、
がんになっても治療も手術
も受けないと決めている。
そうであればがん検査自体
もいらないし、したくない。
体に負荷がかかる検査を
したあげくにがんと言われ
ても精神的にダメージを
受けるだけで知らない方が
良い場合の方が多いと思う
からである。

私の親も80代半ばで医者に
言われたので来月に内視鏡
検査を受けるとか言っている
が体への負担が心配だし、
その後もし陽性と言われても
対応に困ると思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1070-cd444a1c

 | ホーム |