プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


入院中の外泊許可 「申請」でなく「届出」にすれば


朝日新聞デジタル
外泊「許可」っておかしくない?

長い入院に慣れてくれば
来週末に外泊したいとか
予定する。
熱を出すとかお腹を壊し
たりすると外泊できない
ので入院していながら
大人しく過ごそうと病人
でありながら考える。

数多く入院すれば、普段の
会話においても何時に外泊
とか外出とかの希望を少し
前から主治医や看護師に
伝えたので大きな問題は
なかったが、最初の頃は
紙で申請して、主治医の
許可が出たらOKという事
なので看護師さん頼むの
であるが主治医が捕まら
ないのでOKがまだもらえて
いないとかヤキモキする
ことがあった。

確か患者が外泊できる体調
になったので主治医もそろ
そろ外泊できますとか言って
くれるのである。

従ってこのコラムにあるように
外泊の申請をしての許す、
許さないの許可制でなく、
外泊が問題なくなった患者
には届出制にして書類を
出せばOKとする。
許可制の患者と届出制の
患者を病状で分けるという
ことである。
朝のバイタルとか看護師の
問診で外泊可能かを判断
すれば良い。
更に言えば紙でなく電子化
すれば良い。

この考えは行政法上の申請
と届け出に習ったものである。

「申請」と「届出」
申請とは、ある内容について
『~しても良いですか』
とお伺いを立てる行為

届出とは、ある内容について
『これから~しますよ』
と報告する行為。

基本的に申請の場合は
『いいですよ』又は『ダメですよ』
という返答がある。

届出はあくまでも報告なので、
特に問題がなければ、返答は
無い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1075-8db83358

 | ホーム |