プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


白血病 外来受診(2017年9月)  


血液内科の定期的な受診は
7月以来であるがその間に
肺炎の入院があった。

但し入院先はいつも通って
いる本院ではなく分院だった
ので主治医とはこの間会って
はいない。

カルテを見て早めに退院できま
したねと言う会話からスタート。

今回の血球値は以下。
()内は数値は前回(7月)の値
白血球数:9.8(10.0)、
ヘモグロビン:10.1(10.3)、
血小板数:193(195)、
CRP:0.0(0.1)、
クレアチニン:1.45(1.46)、
AST(GOT):40(53)、
ALT(GPT):41(59),
HbA1c:6.5(6.1)

退院後の8月中旬のフォロー
外来で血球値は入院前に
ほぼ戻っている状態だった。
今回も7月に比べてほぼ同様、
合わせて退院後は発熱等も
なくて問題ないので大丈夫で
しょうと言われる。

入院前後はほぼ問題なく過ご
せているので今から思うと何故
入院までなったのかと思う。
移植後6年以上経ても、少し
体調が悪くなると回復せずに
入院要にまでなってしまうのが
現状だと再認識すると共に、
入院しても早めに退院できた
事は回復力がついたと考え
られる。
少しずつではあるが前進して
いると思うことにした。

次回は2ケ月後に既に消化器
内科の診察が午前に入っていた
のでそれに合わせて午後で良い
でしょうということになる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1077-9b58f439

 | ホーム |