プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


医療費を「高齢者のがん」から考える


石弘光氏(一橋大学名誉教授)

ひと昔前に政府税制調査会
会長をされていたので名前
に見覚えがある方もいると
思います。
当時は増税案が非難され
ましたが個人的には賛成
できる部分も多くありました。

末期のすい臓がんになって
対談されているものです。
主な話題は高齢者のがん治療。

中央公論 3月号
対談「末期膵臓がんでも私は負けない!」(2017年3月号)

同意する部分多しです。

・高額な医療費で健康皆
保険制度がこれから維持
できるのか
・高齢者のがん治療や高額
の薬を投与する意味

この記事ではありませんが、
がんで死ねるのは必ずしも
不幸ではないという以下の
発言も共感出来る部分も
あります。
でもここは異論がある人も
多いとは思います。

「晩年は脳や心臓の異常、
腰や膝の障害、血管、目
など様々な病気にかかる
可能性が十分にあり、
認知症も待っているかも
しれない。
と考えると、最後まで活動
でき、頭脳明晰なまま、
ガンで死を迎えるのも悪く
ない選択肢だと私は考え
ている。」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1079-2c822c2c

 | ホーム |