プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


やっと上着が不要な時期になる


ブログをアップする時期を
間違っているわけでも
誤字でもありません。

涼しくなってやっと上着を
持たずに外出できるよう
になりました。

移植後は一年中、
夏でも外出時は
長袖、長ズボン、帽子に
マスク姿。
移植直後は指先が触れる
と痛かったので夏でも手袋
だった。

移植してからは皮膚の障害
もあって寒さは感じるけれど、
暑さは感じなかった。
加えて紫外線は極力避けて
生活するように言われた。

従って夏は外出も寝間着も
長袖、移植4年ぐらいは夜も
靴下を履いて寝ていた。
当然クーラーは不要。
少し冷房の効いた部屋に
いると寒く感じ長居は不可。
汗も全くかかなかった。

ここ2年くらいは顔には汗
をかくようになったがまだ
幾ら暑くても全身に汗をかく
ということは無い。

という体であるので夏の
外出で困るのは、冷房の
効いた場所に長く居なけ
ばならない、
例えば電車移動やランチ
時は冷房対策として上着
を着る必要があるので
猛暑日であっても必ず上着
を持って外出。

秋になると屋内外の温度差
が無くなるので長袖一枚で
外出できるので上着が不要
になるのである。

でも相変わらず寒さに弱い
ので10月になると上着や
ヒートテックの出番となる。
わずかな時間だけ身軽
なのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1083-353031fd

 | ホーム |