プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
757位
アクセスランキングを見る>>


還暦 私には病期(病気)があった


還暦を生きて迎えられた。
病気をする前は意識せず
何事もないように還暦は
過ぎるだろうと思っていた
が病気になってなんとか
還暦まで辿り着いたと
いうのが正直な感想。

「ライフシフト」
という言葉が最近使われる。

長寿化の進行により、100年
以上生きる時代、すなわち
100年ライフ。
そうなると新しい人生の節目
と転機が出現し、
「教育→仕事→引退」という
「シリアルライン」人生から、
引退ではなく、教育や趣味
と並行して仕事をする
「マルチステージ」人生へと
様変わりする。
それに伴い、引退後の資金
問題にとどまらず、スキル、
健康、人間関係といった
「見えない資産」をどう育んで
いくかという問題に直面する。
健康であればその通りと思う。

私は病気になる前から
定年前に仕事は早めに卒業
して引退後の余暇期を楽しみ
たいと考えてはいたが病気が
きっかけになり退職するとは
想像だに出来なかった。

人生は大きく分けると
「教育期」
「就労期」
「余暇期」
の3つで成り立つと考えていた。

「余暇期」には自分の自由
な時間が持てるので、
自分のしたい事をするという
意味で学習も仕事も趣味も
人それぞれでやることは
異なると思う。

しかし、予想外に新たな
ステージが出来たのである。
それは「病期(病気)」。

病気になり治療や病気前
の状態に戻すために時間
を使うことになった。
合わせてがんであるとこの
「病期」がなかなか終わら
ない。
私は病気になった年齢が
52歳であり幸いにも病期に
専念できたことは不幸中
の幸いではあった。

今は病後7年を過ぎ、仕事
を辞め、体も最悪時より少し
回復し、病期専念時よりは
余暇や学習時間が持てる
状態にはなった。

これからは病期と余暇期の
マルチステージで生きていけ
れば良いと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1085-da6ac527

 | ホーム |