プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


2017年予測がん患者数 白血病は14,100人 1.4%


国立がん研究センター
によると
2013年の1年間に
がんと診断された患者数は
86万2452人
(罹患全国推計値
男性498,720例、
女性363,732例)。

日本のがん統計は、
罹患データは4~5年、
死亡データは1~2年
遅れて公表される。
諸外国では、これらの遅れ
を数学的な手法で補正して、
現時点でのがん統計を予測
する試み(短期予測)が実施
されている。
この短期予測を日本のデータ
で実施した、2017年のがん
罹患数予測および死亡数
予測の結果。

2017年のがん罹患数予測は
約101万4千例
(男性57万5千900例、
女性43万8千100例)。

全がん患者予測数
1,014,000人

以下部位別予測患者数
大腸 149,500人
胃 132,800人
肺 128,700人
乳房(女性) 89,100人
前立腺 86,100人
肝臓 41,900人
膵臓 39,800人
悪性リンパ腫 31,100人
腎・尿路(膀胱除く) 30,900人
皮膚 28,400人
子宮 28,100人
胆嚢・胆管 24,500人
口腔・咽頭 22,800人
食道 22,700人
膀胱 21,000人
甲状腺 19,200人
白血病 14,100人
卵巣 10,400人
多発性骨髄腫 8,200人
脳・中枢神経系 4,900人
喉頭 4,800人

一日平均にしても
300人弱のがん患者。
白血病だけでも40人弱
が毎日増えている計算
となる。

全がん患者数における
白血病は1.4%の予測。
やはり一般の人からは
白血病は珍しい病気と
言えるのだろう。
病気になった人には経
験者の体験がその後の
治療に向けた教科書
までとは言えないが
参考にはなると思う。
従って患者が自身の
経緯や経過を記録し、
公開することは意味が
あると思う。


でも口腔がんと白血病と
2つのがん共に数が少ない
種類であるのは変な所で
運が良すぎるのだろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1087-f5a767e7

 | ホーム |