プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


「賢い患者」になる為の心構え


患者になった経験が少ない
人には有益な記事と思います。
何十回外来を経験していても
診察室に入る前にこれだけは
聞こうと思っていても忘れる
ことも多々あります。

市民や患者ができること

以下引用
市民が、自分の望む医療を
選択して治療を受けるため
には、まずは
「いのちの主人公・からだの
責任者」
としての自覚が大切です。
そのために、どのような心構え
で医療を受ければよいのか
を10項目にまとめています。
ここでは、医療者との
コミュニケーションにおいて、
患者が必要な心構えには、
「記録すること」、
「伝達すること」、
「質問すること」、
「責任をもつこと」
いう4つの要素が必要
であると示しています。

質問の具体例も記載
されています。

加えて
アメリカにおいては
「知っておくべき10の質問」
を推奨しています。

1.その検査は何のために
するのですか?
2.あなたはこの治療を何回
したことがありますか?
3.結果はいつわかりますか?
4.なぜこの治療が必要
なのですか?
5.ほかの選択肢はありますか?
6.どんな合併症が起こる可能性
がありますか?
7.私に一番合っている病院は
どこですか?
8.何という名前の薬ですか?
9.副作用はありますか?
10.この薬は今飲んでいる薬
と併用しても大丈夫ですか?

さらに要点を絞ったものが
次の3つの質問で、これも、
アメリカでつくられた
「Ask Me 3(アスク・ミー・3)」
というもの。

1.私の一番の問題はなん
ですか
(What is my main problem?)
2.私は何をする必要があり
ますか
(What do I need to do?)
3.それをすることが私に
とってなぜ重要なのですか
(Why is it important for
me to do this?)

やはりクローズド・クエスチョン
でなくオープン・クエスチョンで
Yes/Noだけでなく具体的な
回答を聞くべきと言える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1088-b6d78d28

 | ホーム |