プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


グリベック投薬中止臨床試験結果


私は急性リンパ性(ALL)だが
Ph+であったので移植まで
グリベックのお世話になった。
薬価が高い、服薬後に体調が
悪くなる事もしばしばあったが
これが無かったら今どうなって
いたかはわからない。
確かに飲み続けないといけない
患者には再燃の恐れがある中
で経済面、体調面でも止めたい
が止められない状況になって
いると思うので朗報と思います。

Yomi.DR記事
白血病治療薬「グリベック」投薬中止しても再発せず…患者の6割以上、3年間

慢性骨髄性白血病の治療薬
「グリベック」を長期間服用し、
症状が出なくなった「寛解」
状態の患者68人に投薬を
中止したところ、6割以上が
3年間再発しなかったとの
臨床試験の結果を、秋田大
などの研究グループがまとめた。

そういえば秋田大学で臨床
試験をやっている記載を見た
記憶がある。

グリベックの課題は分子遺伝学
的完全寛解(CMR)を得てからも、
ずっと服用し続けなければなら
ないこと。
副作用として、吐き気や嘔吐、
下痢などの消化器症状、発疹
や痒みなどの皮膚症状、
肝機能障害が現れ続けること
もある。
秋田大学高橋教授は副作用に
ついて
「とくにグリベックを10年以上
使用した場合に懸念されます。
また、成長期の子供の場合は、
少なからず骨の成長や第二次
性徴に影響があると言われて
います。
そして、妊娠希望の女性は、
妊娠中の服薬は禁忌ですので、
薬を服用している間は妊娠でき
ないということになります」
このようなグリベックの課題を
解決しようというのが、薬を
服用し続けなくてもよいという
投薬中止。

・寛解維持率を検証する臨床試験
最初のグリベック投薬中止試験は、
フランスで2010年に行われた
STIM(Stop Imatinib)試験。
グリベック投与でCMRが2年以上
続いた後に投薬を中止したところ、
2年後でも約40%がCMRを維持。
これに続くように、日本で高橋さん
らが始めた臨床試験が、
JALSG-STIM213。
慢性骨髄性白血病患者で、
グリベック療法を3年間以上
継続して受けていて、
年に2回以上のPCR検査
(遺伝子検査)において、
より深い分子遺伝学的効果
(DMR)を2年間以上維持し
ている患者を対象とした。

・結果をどう見るか
他国の検査と比べても良い
結果で、予想を上回る数字。
他国よりも良い結果が出た
理由の1つは、被験者の75%
が発症時に低リスクで、
早期発見・早期治療がなされ
ていたということ。
日本では、自覚症状がなくて
も会社や自治体での健康診断
で白血球の値に異常があれば、
すぐに医療機関を受診する
環境にあることが大きい。
もう1つは、グリベックを3年
以上服用という条件だったが、
被験者の中央値は約8年だった。
状態の良い被験者が集まった
ことを意味する。

全ての人がこの効果の対象
にはならないということに注意
は必要と言える。

・JALSG-STIM213
慢性骨髄性白血病に対する薬剤中止試験 STIM213
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1094-e8abcef2

 | ホーム |