FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
871位
アクセスランキングを見る>>


「iDeCo」 名称は公募だったのか


確定拠出年金制度には
企業型と個人型がある。

会社員時代には企業型に
入っていたが会社を辞めて
個人型確定拠出年金に
切り替えた。
その頃はまだiDeCoとは
呼んではいなかった。
間もなく60歳となるので
受け取りをどうするかを
決める必要がある。

最近になって(2017年より)
個人型確定拠出年金は
「iDeCO (イデコ)」
という愛称で呼ばれだした。

FP検定を2年前に受けたが
その後、制度や仕組みが
変わっているのでもはや
知識が古くなっている。
過去問題が正誤が逆に
なったりするので毎年
最新版の参考書を買わ
ないといけないので受験
して落ちたら年度が変わる
と結構大変だと思う。

個人型確定拠出年金は
公務員や主婦は利用でき
ないと習ったが今では実質
国民全員が加入できる
制度に変わっている。

愛称は公募で選ばれたもの
で選定理由の記載があった。
---------------
・英語表記の
individual-type Defined
Contribution pension plan
の単語の一部から構成され、
個人型確定拠出年金を表し
ている。
また、「i」には「私」という
意味が込められており、
自分で運用する年金の
特徴を捉えていること。
・「イデコ」は親しみやすい
響きで、小文字と大文字
の交互の組合せが、
スタイリッシュでおしゃれ
な印象を与えること。
--------------

公的年金制度を補完する
ものであり、メリットも結構
あるので利用可能な人には
損はない制度と思います。
ただし、運用先も個人責任で
元本保証でない商品が多く
あるでその点注意が必要。

私は企業型の時は掛け金
が少なかったので、安全
重視で元本保証型に多くの
比率を割いた。
個人型に切り替えるときは
色々考えて結果は
新規掛け金分はインデックス
運用とアクティブ運用をほぼ
半々とした。
結果論であるが現在の株高の
恩恵を受けていることにはなる。

当時手続きに行った銀行の
支店には担当者がいなかっ
たのか本店の担当者とテレビ
電話で話しながら移管手続き
を行ったので思いのほか時間
がかかった記憶がある。
手続きや事前準備が必要だと
二の足を踏む人もいそうだが
今は少しは簡略化されている
のだろうか。

●iDeCoの特色
・基本的に60歳未満のすべて
の方が加入することができる
私的年金の一種
・掛け金を60歳まで積み立てていく
・運用は自分で責任を持って行う
・金額は最低5,000円から1,000円
単位で上限金額まで調整が可能
・掛け金の拠出時点、運用期間中、
受け取る時にそれぞれ節税になる


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1106-0d53572c

 | ホーム |