プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1064位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
298位
アクセスランキングを見る>>


親方、棟梁 違いは


大工の親方、棟梁。

建築関係のページで違い
を読んでなるほどと思う。
同じ意味の場合もあるが
違う場合もあると知る。

・親方(おやかた)
後進を育てる人。
後から続く人に技術を教える
人を親方と呼び、教わる人
を弟子。
親方は教師と違い、自らも
弟子と同じ仕事をした。

大工の親方は棟梁とも呼び、
現場を仕切ったり建築主と
交渉したりした。
親方のもとで修業する弟子
を若衆ということもある。

しかし、親方は大工にだけ
言うのではない。
たとえば鳶(職)であっても
左官屋であっても瓦屋で
あっても、弟子をもって
自分の技術を教えていれば、
すべて親方であり弟子から
は親方と呼ばれる。

左官屋の弟子にとって、
親方は左官屋の親方だけ
であり、大工の親方は棟梁
と呼んだ。

・棟梁(とうりょう)
大工の長、親方。
現場の責任者。

かつて棟梁は請負者を兼ね
て建築主との対応から近隣
への対応まで、建築工事の
すべてを取り仕切った。
棟梁以外の大工は、木工作
の従事者という職人である。
棟梁は大工職人を統括する
だけではなく、若い見習を
一人前の大工へと育てた
親方でもあった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1113-528e6efc

 | ホーム |